ZEHで光熱費はいくら削減できる?

家の光熱費は家計を大きく左右するため、光熱費を節約したいという方も多いのではないでしょうか?

そこで、福島で新たに注文住宅を検討されている方に、ZEH仕様の家が光熱費の削減にどのくらい貢献するのかについてお伝えします。

□ZEHと一般住宅の光熱費の違い
一般的な住宅と、高性能な冷暖房機・給湯器や太陽光発電を兼ね備えたZEHの一年間の光熱費を比較したところ、年間15万から20万円程度の違いが出たという結果が報告されています。

月々の光熱費は家庭の場合、1万から2万円程度だと思いますが、猛暑や厳しい寒さが続くと、光熱費はなかなか削れません。
電気料金は現在でも安いとは言えませんが、今後さらに値上がりする可能性も十分あります。
年間10数万円かかる電気代が4分の1程度になる、もしくはそれ以上にプラスの収入となれば家計も大きく変わるのではないかと思います。

□光熱費削減には努力も必要
ZEHに住むことだけで、光熱費の削減に大きく貢献します。
それだけではなく、これから住むみなさんの生活によって光熱費がどれほど削減できるかは変わってきます。

ZEHにしたからといって、部屋のドアを開けっ放しにし、エアコンの設定温度を気にせずに一日中かけ放題、そんな暮らしをしていて本当に環境に優しい暮らしをしていると言えるでしょうか?

ZEHに住むにあたって必要なのは、みなさまの些細な心遣いだと言えます。
環境に配慮した暮らしを心がけるだけで、エコライフが送れる上に、余った電力は電力会社に買い取ってもらえるため一石二鳥ですよね。

□光熱費の変動で家計が左右されない暮らし
一般住宅に比べ、ZEHは年間15万から20万円もお得に暮らせることを考えると、初期設置費用と差し引いてもだしたい10年住めば元が取れると言われています。

せっかく建てる注文住宅なので、多くの方が10年以上住むと思います。
さらに、現在小さなお子さんがいる家庭にとっては、将来子育ての費用が現在よりも膨らむことを見越すと、電気代で家計が左右されては困りますよね。
いつ電気代が変動するかも分からないため、光熱費がほとんどかからない住宅に住むことで、そのような心配とも無縁になります。

□まとめ
今回は、ZEH仕様にすることで、光熱費がどのくらい削減できるのかについてご紹介しました。
ZEHは光熱費の削減に大きな力を発揮してくれます。
みなさんも福島で注文住宅を建てる際は、ぜひZEHを建ててみてはいかがでしょうか?

福島で注文住宅を建てる方必見ZEHの性能とは?!

最近ZEHという言葉をネットで見かけたり、耳にする方も多いのではないでしょうか?
ZEHとは環境に優しい住宅のことですが、実際どの程度の性能があるのかご存知ですか?
そこで今回は、福島で注文住宅を建てる方必見、ZEHの性能についてお伝えします。

□最小限のエネルギーで快適な生活を生む
ZEHの特徴として、高断熱ということが挙げられます。

高断熱は、外気の影響をあまり受けないため、真夏でも涼しく真冬でも暖かい室内を得られます。さらに、室内のエネルギー循環効率も高まり、少ないエネルギーで室内を快適な環境へと導きます。
つまり、ZEHは冷暖房費があまりかからなくなるのです。

ZEHを作り出すためには、高断熱の壁や高断熱の窓、省エネ性能のエアコンや給湯器など様々な設備が必要となります。
しかしこれらはとても長く使用するものなので、せっかくの注文住宅で高性能にこだわるのも良い方法だと思います。

□エネルギーを創り出す
ZEHのもう一つの大きな特徴として挙げられるのが、自らエネルギーを生み出すと言う点です。

ZEHは太陽光発電システムを導入しており、住宅で使用する程度の電力であれば、ほとんど太陽光発電でまかなえます。
さらに、蓄電機も備え付けると、作った電力を溜めておくことができるため、電力会社から電力を購入する手間が省けます。
余った電力は電力会社に買い取ってもらうこともできるで、経済的にもとても嬉しいですよね。

□性能だけではなく資産価値も高い
性能の面だけでも十分素晴らしいZEHですが、さらに、資産価値も高いのがZEHの魅力です。

仮に、ZEHを売却しなければいけなくなったとしても、築年数が同じ一般的な住宅と比べてZEHの価格は大きく上がります。
これはBELS(建築物省エネルギー性能表示制度)の評価でZEHが高い評価を受けているからです。

BELSは5段階評価されており、4か5の評価がつくと、資産価値の高い住宅という評価を受けます。
将来、老後生活を見据えたり、子供やお孫さんに資産を残したいと考えているのであれば、資産価値の面で確実に、一般的な住宅よりも高評価を得られるZEHを建てることはとても良い選択だと言えます。

□まとめ
今回は、ZEHの性能についてご紹介しました。
ZEHはとても高い性能を持つ住宅です。

快適な省エネライフを過ごすためにも、この記事を参考に、みなさまもぜひZEHのご検討をしてみてくださいね。

福島で注文住宅ZEHを建てる際にかかる費用やローンについて解説!

福島で注文住宅を検討されているみなさん、ZEHという住宅を検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ZEH住宅は自給自足できる省エネハウスとして注目を浴びていますが、気になるのは建築費用です。
そこで今回は、福島でZEHを建てる際にかかる費用やローンについてお伝えします。

□ZEH住宅を建てる際に必要な費用
*初期費用は少し高め
ZEHは「net Zero Energy House」の略でエネルギーの自給自足を行える家です。
ZEHには高性能な断熱素材が外壁に使用されたり空調設備が整っているだけではなく、太陽光発電や蓄電機など様々な設備が必要となります。
注文住宅を建てる際にかかる費用は一般的な住宅よりも200万から500万円追加で必要になると考えておくといいでしょう。

*補助金がもらえる
ZEHがどの程度の省エネ性能を兼ね備えているかによっても、補助金額に変動はありますが100万から180万円程度の金額を国に補助してもらえます。
ZEHの補助金をもらうためには、国によって定められらいくつかの基準を満たすことや25%のエネルギー消費削減など様々な項目を満たすことによって、補助金額が決定されます。(※時期や予算により補助金がない場合もあります。気になる方はお問合せ下さい)
一般住宅よりも追加資金が必要ですが、補助金を差し引けば、ZEHに必要な追加資金は実質100万から300万円程度ということになります。

*ローンに関して
住宅ローンは25年や35年で組む方が多いですが、ZEHも同じく25年や35年でローンを組む方がほとんどです。
しかし、一般的な住宅とZEHの大きな違いは、ZEHは建設コストを回収できるという点です。
ZEHは太陽光発電を備えているため、余った電力を電力会社に買い取ってもらえます。
そのため一般住宅と同じ年数でローンを組むと月々の返済額は高くなりますが、太陽光発電によっていくらかまかなえるため結局一般住宅もZEHも月々の返済額が変わらないことになる場合もあります。

また、ローン返済後も一定額の収入が得られるため、ローンの返済金額増加を不安に感じている方は、長期的な観点ではZEHの方がお得になるということが分かっていただけるかと思います。

□まとめ
ZEHにかかる費用やローンについてご理解していただけましたか?
ZEHは少し費用もかかりますが、その分費用対効果も素晴らしいとても魅力的な住宅です。
福島で注文住宅を建てる際は、ZEHも一度ご検討されてみてはいかがでしょうか?

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

メニュー