長期優良住宅の基礎知識

新築一戸建て・注文住宅(福島県郡山市)なら工房夢蔵トップへ -> 長期優良住宅の基礎知識

「いい家をつくり、きちんと手入れをして長く大切に使う」というコンセプトをもとに、政府が普及促進している長期優良住宅。認定を受けるためには、所管行政庁で申請手続きをする必要があります。
こちらでは、長期優良住宅の基礎知識についてご紹介します。

長期優良住宅の認定を受けるには…

まず着工前に、必要な添付図書を添えて、認定申請書を提出してください。その後、所管行政庁で認定申請手続きを行い、審査に合格すると適合証を発行してもらいます。
申請手数料は、申請先によって異なりますので、直接窓口でご確認ください。

認定後の手続き

建築工事が完了したら、工事完了報告書を提出する必要があります。
その際、建築士による工事監理報告書と建築性能評価書を用意して提出しましょう。

長期優良住宅のメリット

長期優良住宅は「長く大切に暮らせる家」という点が最大の魅力ですが、その他にも様々なメリットがあります。

・住宅ローンの減税

一般住宅の場合、最大で500万円の控除が受けられます。
一方、長期優良住宅では最大600万円までを控除の対象としているため、上限額に100万円も違いがあります。入居年ごとに、控除額や上限額が変動する場合がありますので、入居する年に合わせて計算しましょう。

・税金の軽減

一戸建て住宅を購入するとなると、固定資産税・不動産所得税・登録免許税など様々な税金が発生します。
長期優良住宅では、これらの税金が一般住宅よりも軽減されるため、その分負担を抑えることができます。

・フラット35の金利が安い

フラット35には、「フラット35S」という優良住宅取得支援制度があります。
この制度は、省エネルギー性・耐震性などの条件を満たす住宅を取得する際に、一定期間金利が引き下げられるシステムになります。長期優良住宅を購入することで金利優遇を受けることができます。

福島県郡山市で長期優良住宅をお考えでしたら、当社にお任せください。
より良い暮らしを実現するために、低炭素住宅・高気密住宅・省エネ住宅など、様々なご要望に合った家づくりを行っております。

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

お問合せフォーム