注文住宅と建売住宅の違いとは

新築一戸建て・注文住宅(福島県郡山市)なら工房夢蔵トップへ -> 注文住宅と建売住宅の違いとは

誰もが憧れるマイホーム。マイホームを手に入れるときには、建売住宅を購入するか注文住宅として建設するかの二択になると思います。「理想のマイホームを建てるなら注文住宅」「費用を抑えたいので建売住宅」と考えは人それぞれですが、ここでは両者の違いについて見ていきたいと思います。

建売住宅について

建売住宅とは、土地と建物が一緒になっている分譲住宅のことをいいます。建売住宅は費用を限りなく抑えることができるのが一番の利点であり、ニュータウンなどの開発地域であればたくさんの分譲住宅の中から選ぶことができます。住宅の選択肢が増えるため、学校や病院など、アクセスで便利な場所を選ぶことも可能です。

また、建売住宅は完成した状態で売りに出されるので、内装や照明・キッチンやリビングのデザインを事前に知ることができます。建売住宅はいわば、価格を抑えつつも理想に近い住宅を手に入れられる住宅だといえます。

注文住宅について

注文住宅はオーダーメイド式で住宅を建築していくので、まさに「理想通り」の住宅を手に入れることができます。土地をお持ちでない場合は土地探しから始めなければなりませんが、こだわりの土地・こだわりの住宅を一挙に手に入れることができるのが注文住宅なのです。

オーダーメイドとなると価格の高さがネックになると感じると思いますが、予算の組み立てやローン選びを工夫すれば、ある程度の費用は抑えることができます。「理想に近い家」ではなく「理想の家」を手に入れたい方は、注文住宅を選択することをおすすめします。

福島市周辺で新築住宅の建設なら

郡山市にございます当社では、注文住宅の建設はもちろん、リフォームのサービスを行っております。対象エリアとしては、福島市や須賀川市、白河市、会津若松、船引町、三春町などとなっております。対象エリアや施工について何か疑問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

お問合せフォーム